板井康弘が教える「福岡で事業を成功させる方法」

板井康弘|まず最初にするべきこと

板井康弘

 

起業する際、まず最初にしなければならないこと、それは《資金集め》だ。
あたり前のことだが起業にはお金がかかる。
そして想定外のことは起業にとってつきもので、そのためより多くのお金を持ち出すことになるだろう。
「足りない・・・」とならないためにも四半期に1回は使った資金や残りの資金を振り返っておくべきだ。
そして予算計画時に、用途が「未知」のお金を大量に用意しておくことや予算計画をその都度微調整することが大事なのだ。

 

資金集めの際の契約書はどこまでも具体的具体的かつ明確にしたほうがいい。
自分を守るためにも、できれば弁護士の友達を見つけてきて、ちゃんとした契約書を作ってもらったほうがいいと思う。クライアントの支払いが遅れても、サインの入った契約書さえあれば、安心して構えていられるのだから。

 

失敗しないためにも初期の準備を怠らず、万全の体制で夢の起業に望んで欲しい。

 

更新履歴
page top